numb_create_gundam

パクリ・コピーサイトはどんな被害を与えるのか?

Pocket

こんにちは!太偲@WEB屋です。今日は、SEOにも関係する事ですがコピーサイトやコピーコンテンツがある事によってコピー元サイト(コピーされたサイト)はどんな被害を受けるのか?とその対策・対処法について考えてみたいと思います。

コピーサイトと言ってもいくつかのコピー手法があると思います。今回はその中でも被害が大きくなりがちな、サイトやページ単位での丸パクリやスクレイピングについてどんな被害があるのかと、どんな対策が考えられるのか?を僕の経験含めご説明します。

どうしてコンテンツやページ・文章をコピーするのか?

自分のサイトの内容をコピーされた経験のある方は、どうしてこんな事をするのか?と思ってしまいますよね。

理由としては、以下の様な事が考えられます。

  • 良い参考サイトとして注目された
  • すごい良質な内容だったのでリライトしきれなかった
  • ページを作るのが面倒だった
  • 文章を考えるのが面倒だった
  • すべて含めバレないと思った

前向きに考えると、自分のサイトが評価されたとも言えるかもしれませんねw

では、表に見える内容は誰でもわかるとして、その他どんな形で被害を受ける可能性があるのか?について説明しましょう。

ある事からコピーされた事に気づいた

順位に変動が起きて、自分のサイトの状況がおかしくなったという事であれば、検索結果で自サイトの文節で検索したりと、色々精査すると思います。

しかし、その様な形ではなく別な事からでもパクリサイトを見つける事ができます。

アクセス解析にある日見た事も無いページが??

GoogleAnalytics(GA)のすべてのページを見ていた時、見た事の無いページ名が出ていました。

「あれ?どっかのサイトに間違って同じGAコード貼っちゃったのかなぁ?」

最初はそう思ったのですが、にしても管理しているサイトで、この様なページ名やディレクトリ名は存在せず。更にオーガニック検索のキーワードにおいても、全然関係の無い業種や地域名が出ていました。

オーガニック検索キーワードのページで、セカンダリディメンションからランディングページを選択してみると・・・・

やっぱり見た事の無いディレクトリ&ページが出てきました。

アクセス解析のコードごとコピー・パクられた場合の対処法

まずは、先方のサイト管理者へ連絡するのが先決ですが・・・。どうやってパクり元を調べるか?ですよね。

こんな時はGoogleAnalyticsでセカンダリディメンション⇒ホスト名を使いましょう。

GoogleAnalyticsセカンダリディメンション ホスト名

自分のサイト以外のURLが出てくると思います。それが今回のパクり・コピーサイトです。

上記のやり方で、サイトを特定する事は出来ますが結局のところアクセス解析の数値に影響が与えられてしまっているので、連絡が取れなかった場合や現在のコードをそのまま使い続ける場合には、どうしたら良いのか?という部分も考えなければなりません。

事前対策方法としてフィルタ設定もしておきましょう!

Googleアナリティクスの上段メニュー「アナリティクス設定」より、ビュー列の「フィルタ」で設定できます。

Google Analytics フィルタ設定

ビューは、フィルタ用の物を新しく作っておくのが良いと思います。メインのビューをそれひとつにしてしまうと、今回の様な事例でホスト名を調べたりが困難になってしまいますしね。

フィルタの画面を開いたら、フィルタを追加を押し設定画面へ。

GAフィルタ ホスト名

フィルタの種類をカスタムにして、「一致」を選択。フィルタ フィールドの上部にある「ホスト名」を選択します。あとはフィルタパターンのところに自サイトのドメイン名を入れればOKです。フィルタ名も必須なので、お忘れなく!

これやっておけば、リファラースパムのサイトもレポートに出てこなくなると思います。国名一致や除外フィルタが必要になる場合もあると思います。

※ドメイン名を入れる際「ビュー設定」の「ウェブサイトの URL」に入っている物を入れないと、フィルタの確認で確認できない様なので、注意して下さい。

セカンダリディメンション等で出てくるホスト名の表示をそのまま使って確認できないの不便。。。なんか方法あるのかなぁ?

ビュー設定のURL

クロスドメイントラッキング等を行っている場合だと、除外からやっていくしか方法が無いかもしれません。詳しい方いらっしゃいましたら、こっそり教えてほしいですw

Google Adsenseはコピーされてもわかりやすい!

許可サイトとして、自分のサイトを必ず登録している事が前提ですが。

管理画面上に、「許可していないサイトで表示されました」的な表示が出てくるので、わかりやすいですね。

許可サイトの設定だけは、必ずしないと危険度高いので要注意です。大体の方はご存知でやっているかと思いますが。

アドセンス 許可サイト設定

アドセンスの管理画面にて、右上歯車マークから「設定」ページへ。その後、左メニューの「サイト管理」をクリックし、サイトを追加できます。

著作権侵害(DMCA)の申請をしたり色々できるが・・・

デジタルミレニアム著作権法に基づく申請を、Googleも受け付けています。

Google では、デジタル ミレニアム著作権法(原文はアメリカ合衆国著作権局ウェブサイト http://www.copyright.gov を参照)およびその他の適用される知的財産法に基づく著作権侵害の申し立てに対して、適切な対応をとることをポリシーとしています。

申請をする事で、相手のサイトを検索結果から排除する事はできますが、ブログサービス等を使ったサイトは検索結果だけではない流入経路等を持っていますし、SNS等をつかった拡散方法もあると思います。

完全に排除する事は不可能に近く、やるとすれば以下のサイトにて参考になる様な内容だったのでご覧になると良いかと。

ブログ記事が丸パクリされたので仕返し!覚えておきたい3つの対応方法

.htaccessの画像差し替えのやり方面白かったw

SEOにはどんな影響を与えるのか?

僕の経験では、コンテンツやページをパクったサイトが、パクられたサイトよりも上位に表示されているのを何度か見た事があります。

2016/5/28追記
最近でも、Wordpressでスクレイピングサイトを発見したのですが、記事タイトルで検索するとそっちのサイトが上位にありました。記事どころか、サイト名まで同じにしてサブドメイン名にもサイト名入れられてましたw
—追記ここまで—

また、順位が下落しはじめていて検索結果の状況を見たときに、数か所のサイトにて文章をパクられていた事もあります。

順位の下落に関しては、アルゴリズム変動の要因等もあるので一概にコピーサイトが原因とは言い難いのですが、何かしらのきっかけにはなっていた様子でした。

DMCAの著作権侵害申請も行い、コピーサイトを検索結果から除外する事は出来たのですが、結局順位が自然に戻る事は無かったです。

その後、パクりサイトはちょくちょく別なサイトでも目撃していますが、文節検索等でパクリサイトが上にある事は、めずらしい事ではないと思っています。

コピーサイトの被害まとめ – パクられた側の手間が結局大きい

コピーサイトを発見しようと、先方へ連絡を入れようと結局動かなければならないのは、こちらの手間です。

まして、これで先方が対応しない場合や、既に時遅しで順位等にも影響が出ていたら。。。

リライトから何からやるのは、全部被害者側ですよね。良いサイトで上位コンテンツだったりするが為に、パクられやすくなってしまうものですが、人気者はツライですよね。。。w

構造化マークアップやmetaのサポート項目増やして、真実のサイトをアルゴリズム側で素早く判定してもらえないですかね?

著作権関連の最低限の知識は必須です

月刊Mdnの2016年1月号にて今回のコピーサイトにも共通する、著作権について特集しています。

【特集1】自分ごとの著作権
著作権が、いま注目を浴びています。
データがいくらでも複製され、拡散するこの時代、
著作権への意識の重要性が増していっているのではないでしょうか。
そして、オリンピックのエンブレム問題やTPPなどで、
改めて著作権が意識されました。
この特集では、「他人ごと」ではなく「自分ごと」として、
著作権を見つめなおしていきます。

制作側に携わっているのであれば、こちらの知識は必要最低限持っていた方が良いですね。

最後まで読んで頂きありがとうございます!

当サイトでは、どの様な方々がページを見て頂いているのかアンケートを取らせて頂いており、今後の情報発信の参考にさせて頂ければと思っております。

是非、投票をお願い致しますm(_ _)m

あなたの職業を教えてください!

回答結果を見る

Loading ... Loading ...

また、記事をいいねして頂いたり、ぶっくまーくして頂くと個人的に喜びます。

Pocket

Comments