ワードプレスの無料レスポンシブテーマ10選

おすすめ!マガジン・メディアっぽい無料wordpressテーマ10選

Pocket

こんにちは!太偲@WEB屋です。最近レスポンシブのサイトも大分増えてきましたよね。でも、実際レスポンシブでサイトを作るときには、Jqueryの整理やコーディング・CSS周りのチェックもしっかりと済ませておかないと、後のメンテナンスにも影響が出てしまうので気をつけたいところです。

今回は、手間をかけずにワードプレスで簡単・無料でダウンロード出来る、WEBメディア(マガジン・ニュースサイト)っぽいWPテーマ10選をご紹介します!

ポートフォリオやニュースサイトにも使える無料テーマ

レスポンシブで無料のテーマを選ぶなら、かっこよくてシンプルにインストール出来るのが良いですよね!

マガジンタイプのテーマは、トップページの段組みレイアウトがアイキャッチ画像や時系列での記事ブロックが並び、情報量が多いサイトの見せ方として効果的です。もちろん写真ギャラリーの様な使い方でも華やかに見えますよね!

themeをご自身で作っても良いと思いますが、phpの知識も入れて行かなければならなかったり、それなりに学習コスト(時間)もかかってしまうので、そこまで現時点でがっつり行けない方は、負担が大きいと思います。

じゃあ、やっぱり無料テーマで済ませちゃいましょう!ブログっぽくないワードプレスの無料でインストール出来るおすすめテーマ!それでは、どんどん紹介していきます!

WordPressのテーマにも脆弱性の問題がある場合もあります。今回ご紹介させて頂くものは動作検証等を行っておらず、セキュリティ面での対策はご自身でお確かめ頂きます様お願いします!

Clippy – シンプルなレスポンシブのテーマ

wp-theme-clippy-image

こちらのテーマは個別のページへ入った時に、次のページ、前のページへのナビゲーションが画面centerの右端と左端それぞれに出るタイプになっています。

wp-clippy-image2

一瞬もしかして横にスライド遷移するのか!?と期待しましたが、しませんでしたw

日本語フォントを入れると見出しフォントはデフォルト「Rancho、serif」で、body自体は「Open Sans、serif」の指定です。

テーマ自体の見出しやロゴフォントが日本語表示だと再現できないので、実際イメージは結構変わってしまいますがフォント等を修正して自分なりに良い感じに調整される事をオススメします。

キーカラーは「#E93071」を使用している無料のWPテーマです!

デモ・ダウンロードはこちら

Shutter – 写真が映えるギャラリーっぽいテーマ

wptheme-shutter-image

こちらのテーマは完全に写真を見せたい方向けのテーマです。ポートフォリオにもすごい向いていると思います。

wptheme-shutter-image2

サイト全体のカラーはとてもシンプルで、トップページのモノクロ調から詳細へ入った時の上段フルに使った画像がとても印象に残ります。

シンプルすぎると思う方には向かないかもしれませんが、綺麗な写真をアイキャッチにも使いたいと思っている方には良いテーマだと思います。

デモ・ダウンロードはこちら

Pinbin – ホビー向けwunderlist風?テーマ

wptheme-pinbin-image

背景の木目模様が馴染みやすさを演出しているテーマです。木目模様を見たときにWunderlistかと思っちゃいましたけどw

wptheme-pinbin-image2

シンプルかつ、コンテンツ部分が目に入りやすいレイアウトです。詳細ページに行くと1カラム組みなので、ここで好き嫌いは別れてしまうと思いますが。

こちらはWordPress.orgで配布されているテーマです。

デモ・ダウンロードはこちら

PRONT – シンプルできっちり整理されたテーマ

wptheme-pront-image

他のマガジンタイプのテーマとは違い、記事のブロック組み部分が縦幅も揃っている事と、幅の可変に伴ったブロックリストにも動きがついていて特徴的です。

wptheme-pront-image2

PC表示の時に、写真が広く見えていて良い感じですが文字の表示領域幅も、その分広く取られてしまうので個人的には幅調整は必要かなと思いました。

デモ・ダウンロードはこちら

XMA – ニュース盛りだくさんで更新が楽しくなるテーマ

wptheme-xma-image

カテゴリ毎や種類別のブロック要素がたくさん詰め込める無料のテーマです。これはメディア・ニュースサイトの様なWEBサイトを目指すもしくは持っている方は、存分に使い倒す事ができるのではないでしょうか?

wptheme-xma-image2

記事のカテゴリーに合わせたテンプレートの使いこなしが出来る様になっているので、フォトギャラリーページやVIDEOギャラリーなど、様々な使いどころがあります。

情報ありすぎて見せ方に困っている方!チャレンジしてみては?

こちらもWordPress.orgにて配布されているフリーのWordpressテーマです。

デモ・ダウンロードはこちら

Portfolio – 写真で埋めるポートフォリオ向きテーマ

wptheme-portfolio-image

メディアやマガジンタイプというよりも、ポートフォリオサイトに向いているフリーのおすすめテーマです。

wptheme-portfolio-image2

全体的にレスポンシブでありつつも、モバイルファースト強めなので文章等の読みやすさ等は、スマホやタブレットの方が見やすそうな印象です。

デモ・ダウンロードはこちら

MesoColumn – 盛りだくさんのカテゴリと彩のテーマ

wptheme-mesocolumn-image

色んなジャンルのカテゴリを運用したい方向けのマガジンタイプ・レスポンシブ無料テーマです。

wptheme-mesocolumn-image2

カテゴリ別での色分け等、個性をポイントで出せる様なテーマなので更新スピードもアップしそう?スマホでの表示もニュースサイトっぽい印象で情報量が多めのワードプレスサイトに向いてる感じですね!

WP公式サイトでテーマが配布されているので、ワードプレスの管理画面からもインストールできます。

デモ・ダウンロードはこちら

ProfitMag – 巷でも話題のマガジンスタイル人気テーマ

wptheme-profitmag-image

ワードプレスの公式サイト配布テーマの中でも、マガジンスタイルの無料テーマではオススメです。

僕だけじゃなくて、色々な方がこのテーマについては説明しているのでご存知の方も多いかもしれませんね。

スライダーやマウスオーバーで画像が動く仕様等、画像をたくさん使いたくなるような構造のテーマです!

カスタマイズの方法等も、WEB上で説明されている方が多く情報も盛りだくさんなので、扱いやすいかもしれませんね。

デモ・ダウンロードはこちら

Socially Viral – 爽やかなイメージのマガジン 公式テーマ

wptheme-sociallyviral-image

ワードプレスの公式配布テーマです。但し、公式サイトのデモ等を見るとイメージが湧きづらいのであまり人気は出ていないのかもしれませんw

wptheme-sociallyviral-image2

ドロップダウンのメニューや詳細ページ右ウィジェットのレイアウト等が見やすく、爽やかなカラーイメージも好印象です。

デモ・ダウンロードはこちら

NewsAnchor – シンプルマガジン・ニュースサイト向けテーマ

wptheme-newsanchor-image

ワードプレスの公式配布テーマです。但し、公式サイトのデモ等を見るとイメージが湧きづらいのであまり人気は出ていないのかもしれませんwダウンロードされている感じが無いので。。

wptheme-newsanchor-image2

ただ、レイアウトや色遣いに関して、今回紹介させて頂いた中でも僕個人的には一番オススメのテーマです。

トップページの段組みに関しても、一定のバランスが保たれていて、綺麗に整っている感じが好きです。

デモ・ダウンロードはこちら

日本語対応の無料ワードプレステーマをダウンロードし放題!

templateking

テンプレートキングというサイトにて、色々な種類のWordPressテーマを無料でダウンロードできます。

海外版ではなく、すべて日本語対応のレスポンシブテーマや画像ギャラリー、ビジネス・企業サイト向けのテーマが豊富です。画像素材の無料ダウンロードもできるので、是非一度使ってみて下さい。

公式サイトは以下↓
WordPressテンプレート0円配布!「テンプレートキング」

有料で販売しているテーマが無料の場合もあるので注意!

無料で公式配布されているテーマなのに、海外のサイトで有料販売しているテーマもたくさんあります。

テーマの名称も同じもので、ダウンロード時にメールアドレス等も抜かれつつ、金も取られる様なものが。。。

どうしても欲しいテーマが見つかったのであれば、なるべく公式サイト経由か有名どころの販売サイトを探した方が間違いないと思います。

でも、やはりワードプレスの公式サイトはDEMO・プレビューにて未完成のテーマが多々ありすぎるので、それがその様な販売サイトにとって都合が良い事なのかもしれませんね。

皆さんむやみに有料のWPテーマを購入してしまわない様に注意して下さい。

また、無料で手に入れられるテーマで事足りる場合は問題ないのですが、それをカスタマイズしなければならない前提ですと日本語での情報が豊富なテーマが使い勝手が良いと思います。

有料テーマでSEO対策も考慮できるWordPressテーマ

ここまで、主に無料テーマを紹介させて頂きましたが、無料のテーマと有料のテーマでは何が違うのでしょうか?

一番大きい部分が、他のサイトとのテーマ重複が起きる確率です。

無料テーマを使ってカスタマイズする方は良いのですが、そのまま使う際は、有料テーマを使用した方が良いと考える方も多いです。

SEO対策も考慮した上で、しっかりとしたWordPressのテーマを使いたい方には、以下がオススメです。

スマモ用

賢威は、コンテンツSEOの成功者としても知られる「WEBライダー」松尾氏がプロデュースしているHTML5でレスポンシブ対応の有料テーマです。

更に、お名前.com レンタルサーバー(月額900円で容量200GB・マルチドメイン無制限)と同時申込みで以下の様な特典があります。

  • 通常価格24,800円(税別)⇒ 特別価格18,000円(税別)
  • 「今なら共有サーバー」の初期費用無料
  • サーバー費用の月額最大2か月無料

有料テーマの中でも、少し価格が高く感じるかもしれませんが、このテーマは「WEBライダー SEOマニュアル」と「賢威ユーザー限定サポートフォーラム利用権」が付いてきます。

むしろ、それ目的で購入する方も少なくないかも。サポートフォーラムは9年以上の運営実績で書き込みも5万5千件以上と、賢威の話に限らずWordPressを使ったカスタマイズ・SEO対策に関する質問等にも、運営さんが返答してくれます。

僕も別サイトで多数利用していますが、ランディングページ用の1カラムページが作れたり、会話形式の画像設定なんかも管理画面上でほとんどできるので、楽にインタビュー記事やマンガ風コンテンツも作れる様になっています。

そして、一度購入すると最新版へのバージョンアップも基本無料なので、トータルして考えると5,000円~10,000円のテーマを買うのなら、賢威を買った方が断然得だと思います。

興味のある方は、お試しあれ!

詳細はこちら

最後まで読んで頂きありがとうございます。

当サイトでは、訪問して頂いた皆様へWEBアンケートのご協力をお願いしています。

また、すこ~しだけでも参考になりましたら、いいねやブックマークして頂くと個人的に喜びます。

Pocket

Comments