気になるITニュースをピックアップ!

Microsoftじゃなかったっけ?Nokiaが携帯市場に復活!

Pocket

こんにちは!本日のピックアップニュースですが、なんとNokiaのブランドが携帯市場に復帰するらしいんです。

Nokiaといえば、以前Microsoftに携帯事業を売却し、マイクロソフトはNokiaブランド(Lumia)のWindows PhoneをMicrosoftの刻印に変えて販売しているといったのが、記憶に新しいですね。

Nokiaが台湾の鴻海と共に携帯事業へ再度参入!

今回の復活においては、鴻海精密工業グループとフィンランドのNokiaが協力する形で、携帯電話の市場へ再度参入する事になるらしいです。

以下がITmediaニュースの2016年5月19日の記事です。Nokiaのブランド名で、これからAndroidの端末が販売されるんですねー!

【Nokia、携帯市場に復帰 鴻海と協力】
米Microsoftに売却したNokiaブランドのフィーチャーフォン事業を、鴻海グループなどが買収。Nokiaからライセンスを受け、NokiaブランドのAndroidスマートフォン・タブレットを製造・販売する。

Nokiaの元CEOが台湾FIH Mobileと共にMicrosoftから携帯事業を買収したという事は、まさに復活をかけてという事なんでしょうか。

3億5000万ドルという事は、日本円にして384億円!(ドル110円換算)

MicrosoftがNokiaを買収したのはいつだっけ?

以下記事にて、Nokiaのデバイス事業をマイクロソフトが取得した件について説明されています。

【マイクロソフトがついにNokiaの買収完了、注目ポイントは?】
MicrosoftとNokiaが4月25日、Nokiaのデバイス事業の取得を完了したと発表した。世界最大手のソフトウェアメーカーであるMicrosoftが、ついに世界第2位の携帯電話メーカーになる

2014年の4月25日に完了しているんですね。このときの買収金額が約54億4000万ユーロだそうです。

中でも内訳がデバイス事業とサービス事業の2つに分かれており、デバイス事業が約37億9000万ユーロで、サービス事業が約16億5000万ユーロとの事。

Lumia自体のブランドロゴにおいても、現在はMicrosoftのロゴが入っているので、Nokiaの携帯事業はMSにとってもそこまで重要な位置づけにはなってないんですかね?

鴻海グループの台湾FIH Mobileって?

FIH Mobileは、鴻海グループで携帯電話の製造をしている企業です。

近い記憶では、スポーツウエアラブル開発のLemonade Labが「ハイエンド向け運動解析サービス」の開発にて、資金調達を行ったというニュースで、Foxconn(鴻海)とFIH Mobileと個人投資家たちが出資したという話もありました。

その事業における、デバイス&サービスの開発にFIH Mobileが全面協力するといった内容でした。

その他、シャープの買収なんかでもご存知の方多いのではないでしょうか?

MicrosoftのLumiaシリーズの行く末は?

Windows10 Mobileの開発は問題ないのはもちろんですが、Lumia650等のLumiaシリーズに対するサポート等も変わらず行っていくらしいです。

特にMicrosoftでは変わる部分というのは、表面上ないのかもしれないですね。

個人的には、NokiaブランドはMicrosoftのロゴに変えて欲しくなかったんですけどw

また、ニュースがあったらピックアップしたいと思います!

Pocket

Comments