気になるITニュースをピックアップ!

これってホント?マーケティング担当者が強化したいのはSEOらしい

Pocket

こんにちは!太偲@WEB屋です。今回の記事は、先日「マーケ担当者が強化したいマーケティング施策」の調査を行った記事が挙がってたので、それについて綴りたいと思います。

そして、その中で1位は「SEO対策」だったとの事。

全体の2割を占めていた様で、これって本当にみんな思ってるのかなぁ?とちょっと不思議に感じる事でもありました。

マーケティング担当はSEO担当者ではない?

以下が今回のネタ元です。

従業員数100人以上で、SFA/マーケティング関連製品の導入に積極的な国内企業の意思決定権者を対象に調査を行った結果、企業において今後最も強化・注力したいマーケティング施策としては、「SEO」が最も高く19.5%となり

従業員数100人以上の企業に勤めている方が対象だそうですが、WEBマーケティングをやっている方はSEO担当の役割も兼任している方が多いのではないか?と思いました。

インハウス・ハウスのSEO担当者がいるところも最近は増えていますが、外のSEO会社と取引をしている企業でも、そことのやり取りを行うのは、WEBマーケ担当者だったりしますし、その方々はもうSEO担当者としての役割を担っている状態だったりしますよね。

実際のところどうなんでしょう?

近年のWEBマーケティングという括りにはSEOが含まれている

最近は、WEBマーケティングの話を全般的にする際、SEOについての話も一緒に括られる事が多いと思います。

その背景には、SEOはコンテンツ!という流れや、オウンドメディアを成功させるためにはSEOが不可欠なんて事も、SEOやってる人には当たり前の事も、WEB業界の流れの中で広く一般的な考え方になってきているからだと思います。

コンテンツSEOという言葉も良く言われていますが、SEOを知らない人からしてみると、コンテンツSEOって言ってるけどサテライトサイトの様なものに、ちょっと色つけてる様なものじゃないのか?と思いがちかもしれませんね。

SEOは色々な人たちから、なかなか信頼を得るのが難しい業種だとつくづく思います。

しかし、今回の様にマーケティングをやっている方々が本当にSEOの事を考えている様な時代になってきているのであれば、今後SEO担当者が活躍できる場も、もっと広がっていくのかなぁと希望が見えたりもします。

SEOは基礎固めとブレないブレインが大事

ホワイトだブラックだの前に大切な事があります。

それは、SEOをやる担当者自身のブレない考え方です。SEO対策をする上での考え方や方向性がしっかりとしていれば、どんな事があっても進む方向を間違う事はないと思います。

その考え方を付けるためには、色々な話を聞いたり実戦経験を積み重ねる事が必要ですね!

最後まで読んで頂きありがとうございます!

当サイトでは、どの様な方々がページを見て頂いているのかアンケートを取らせて頂いており、今後の情報発信の参考にさせて頂ければと思っております。

是非、投票をお願い致しますm(_ _)m

あなたの職業を教えてください!

回答結果を見る

Loading ... Loading ...

また、記事をいいねして頂いたり、ぶっくまーくして頂くと個人的に喜びます。

Pocket

Comments