気になるITニュースをピックアップ!

【速報】Facebookが社内ツールにてOffice 365を採用!FBとMSの関係などなど

Pocket

こんにちは!本日の注目ニュースは、Facebook(フェイスブック)の社内ツールにて、マイクロソフトのオフィス365が採用された件についてです。

本日のIT mediaのニュースです。

米Facebookは7月12日(現地時間)、社内のプロダクティビティスイートとして米Microsoftの「Office 365」を採用したと発表した。同社の1万3000人以上の従業員がメール(Outlook)やOfficeスイート、「Microsoft Graph」を利用する。

MSのOffice365を導入している企業も多くなってきていますね!

Office365とFacebook at Workは併用するらしい

2015年の1月に、フェイスブックも企業向けにFacebook at Work(フェイスブック アット ワーク)というコミュニケーションツールを提供開始しています。

Facebook At Workでは社内の同僚のプロフィールが通常のFacebookの友達のプロフィールのように表示される。社員の投稿はアルゴリズムによって重要性、関連性の高い順にフィルターされてニュースフィードに表示さる。これによって緊密な社内に情報共有とコミュニケーションのためのコミュニティーが構築されるわけだ。

そして、もちろんこのツールは社内標準システムとしてFacebook社内でも使われています。

現時点での方向性としては、MicrosoftのOffice365とともに併用していく方向との事です。

使い分けについては言及されていないらしいのですが、実際at Workに関しては通常のFacebookの様な使い勝手みたいなので、Office365に比べるとコミュニケーション中心という部分で差別化できるのではないか?と個人的には思いました。

MicrosoftとFacebookの関連情報 まとめ

古い話題ですが、Microsoftは過去にFecebookを買収しようとしていた事もあります。

「そう、われわれはFacebookを買収しようとした。その時点ではFacebookはMicrosoftと類似点が多かった」とLanmanはLe Webのファウンダー、Le Meurに答えた。David KirkpatrickはMicrosoftのCEO、Steve BallmerがZuckerbergに$15B(150億ドル)という買収価格を提案したと書いているが、Meurとの会話でもこれは事実だったことが示唆された。

Facebookが買収に応じなかったため、Microsoftは結局150億ドルの会社評価額で$240M(2億4000万ドル)を投資した。壇上でLanmanはFacebookの会社評価額は将来Microsoftと肩を並べることになるかもしれないと語った。

この当時にマイクロソフトが投資した2億4000万ドルという金額は、Facebookの株の1.6%程度にしかすぎないらしいです。

上記の様に、MicrosoftはFacebookへの投資をしている立場でもあります。また、検索におけるレイヤーとしてもBingを数年前までは採用していました。

Facebook検索におけるBingのレイヤーについては、2014年の12月半ばころにFacebook独自の検索システムに置き換えられた様ですが、その時点でもMicrosoft側とFB側ともに、他分野での協力体制は変わらず今後も続けると発表しています。

その他、以下の様な最近のニュースもありました。

米Microsoftと米Facebookは5月26日(現地時間)、大西洋を横断する海底ケーブル敷設計画「MAREA」(「潮流」という意味のスペイン語)を発表した。6600キロのケーブル敷設は8月に着工し、2017年10月に完成する見込み。

 MAREAケーブル敷設の目的は、Microsoftのクラウドおよびオンラインサービス(Bing、Office 365、Skype、Xbox Live、Microsoft Azureなど)のための高速で信頼性の高い接続と、Facebookのユーザー約16億5000万人への快適なサービス提供を実現することという。

今後もFacebookとMicrosoftの協同プロジェクトは色々出てきそうな予感がしますね!

Pocket

Comments