SEO-コピーサイトにやられない方法

Pocket

今回は、先日パシさんのブログにて取り上げて頂いたこともあったので、自分の実際に合った事例を紹介したいと思います。

自分のサイトの内容がコピーされた場合、Googleからの内容では本物はどちらかをちゃんと区別することができるというのが通説となっています。

これって本当に本当だと思っている人はどれくらいいるんでしょうか?

まずは、今回のブログネタのきっかけにさせて頂きましたパシさんのブログは以下よりご覧下さい。
パシのSEOブログ⇒【ライバルサイトの検索順位を落とせるという話】

コピーサイトと本物のサイト

まず、この点に関していえばwhoisを引くだけじゃいつごろコピーされたのかがわからないですよね。

そうなってくると、どちらのサイトが評価が高いのかということが重要視されてしまうのが現状です。

実際、管理サイト内にて同様の事例がありました。

元々古すぎて以前の施策内容に関しても酷いサイトという理由もあって、リニューアル段階にてSEO施策も始めていこうという計画だった当該サイトですが、

ある日、完全ペナルティを受けました。その理由はサブドメインの使い方等含めて汚いやり方だったのが一番の理由なんですが、それ以外にもこのサイトの文章事態が丸コピーされて使われている事を確認しました。

しかもそのサイトに関しては、同一系ワードにてそこそこの順位を保っています。もちろんドメイン取得に関しても、ごく最近のもので、自分たちのサイトよりも2年ほど若いサイトでした。

サイトの構造などを考えればコピーサイトの方が確かにちゃんとしている感はありますし、バックリンク等に関しても汚くないサイトでした。

やっぱりGoogleは良い構造のサイトを評価高く持つのではないでしょうか?例えばコンテンツがコピーだったとしても、評価が高ければそちらが有利という事だと思います。

ペナルティをもらってしまった時点で、こっちの負けです(笑)

コピーされてしまった場合

もしも自分のサイトがコピーやスクレイピングされてしまった場合は、どうすれば良いのでしょうか?

答えは簡単なんですけど、そういうのに負けない構造で作っておくということです。間違ってない事をちゃんと貫いていれば、そんなサイトのことも気にする必要もないと思います。

あまりに酷いやり方をされていたら、直接そこのサイトへ連絡するか、Googleへ通報するのが、一番だと思います。

おまけ

ジャンルによっては、激戦区でのSEOの場合、コピーサイトを何十と作って各サイトごとにちょっといじってやるだけで、メインワードを囲いこむ手法があります。

これに関しては、有効手法なのですが、あまりやりすぎると周りの迷惑となり反感もかってしまうことなので気をつけた方が良いですね。

実際、実験してみてもコピーサイトとして認識され飛ばされたことはほぼ無いです。

たまたまかもしれないですけどね(笑)

Pocket

Comments