SEOはデザインを壊す?綾波:どうしてそういう事言うの?

Pocket

こんにちは!今日は、WEB制作に良くある事「SEOを重視してるとデザイン壊れるじゃん」事案についてお話ししたいと思います。

SEO対策ばかり重視するとデザイン性が低くなる!とお考えのWEBデザイナーさんへ。

SEOはデザインを無視するなんて事は、本末転倒な話になってしまいます。そもそもWEBサイトを上位表示する価値というのは、良質なWEBコンテンツをユーザーへ届ける事が目的ですから。

SEO対策の策定はサイトを作る前からはじまっている!

SEO担当者からすると、SEO対策の主に内部対策はユーザビリティやWEBマーケティングを元に考えたキーワードの選定やコンテンツ構成、構造案を考えるのが基本です。

WEBデザインに関しても、考えている部分は基本同じですよね?ユーザーの行動心理に基づいた伝わるデザイン・レイアウトやナビゲーションの配置、色使いなどUI・UXを考慮したデザインをしていきますよね。

ユーザーを導きやすいコンテンツ(キーワードに基づいたコンテンツ)や、わかりやすいナビゲーション(サイト内部リンク)配置をする事がすでにSEO対策の内部対策となってくるワケです。

デザインに基づいた正しいコーディングをする事もSEOにつながっているのですから、SEOを考えたデザインをするのではなく、ユーザービリティに基づいてコンテンツやデザイン、レイアウト構成をする事は基本的なSEO対策に繋がりやすいという事ですね。

コーディングに関しての基本SEO対策は以下で説明しています。

WEBデザイナーがSEO対策を考える上で気をつけなければいけないこと

SEO担当者のデザイナーやプログラマーに対する共通言語の考え方も、配慮が必要な面が多々ありますが同じ自称WEBデザイナー兼としては、以下の様な点を履き違えない様に考える必要があるかと思っています。

  • SEOはWEBマーケティングの一部なので、サイトを運営していく上でずっと続く・必要なものと理解する。
  • デザインやコーディングをする際には、SEOを考えるよりもユーザー視点を考えたほうがよりSEO出来ている場合も多く、WEBデザインの正しい姿を引き立てる事ができる。
  • SEOは別という考え方ではなくコーディング等の基本範囲においてはベースは施せるように知識をつけておく

その他、気をつけるというよりはSEOを楽しく覚えていくために、普段自宅で制作するサイトでアフィリエイトなんかをやってみる事です。

WEBデザイナーがフリーになった時は、SEOスキルも持っている人の方がクライアントとのコンテンツ制作やサイトリニューアル・新規サイト制作の打ち合わせや、リスティング広告のキーワード選定等をお願いされた際にも有利だと思います。

SEO対策でデザインを壊されてしまうのか?のまとめ

デザインを壊すようなSEO対策は、SEOだけではなくWEBマーケティングの観点からもずれてしまっているので、本質的な部分を脱線していると思います。

SEOは検索エンジン最適化と共に、Googleのガイドライン、および検索のより良い将来に向けて清く正しい方向で考えられています。(すべてのSEOがそうだとは限りませんが・・・)

それを考えると、WEBデザイン・コーディングと共に基本SEO対策を正しくやっていればデザインが壊れるような事は無いと思います。

デザイン性が低くなると考えているデザイナーやプログラマーの方は、SEO対策の本質が上手く伝わっていないのかなと思います。

生まれたWEBサイトを生かし続けるためにSEOは必要な物です。

SEOはどうしょうも無いページやサイトを上位表示してユーザーに見せる事が目的ではなく、見た目も内容も良質なものを検索エンジンへ適切に伝える事が目的であって、そういうWEBサイトが上位にあることが検索エンジンの目指す検索結果の品質向上です。

ユーザーが求めているようなWEBサイトでこそ、上位表示する価値がありそんなWEBサイトを上位表示したいという考え方のSEO担当者が多いんです。

もっとSEO含めたWEB担当者・デザイナー・プログラマーが、同じ目標に向かって共通言語でディスカッション出来る環境づくりが必要なんでしょうね。僕らも努力しなければならないなとつくづく思います。

このブログを通じて、様々なSEO基本編やSEOとWEBデザインやWEBプログラミングとの壁を減らしていけたらと思います。

最後まで読んで頂きありがとうございます!

当サイトでは、どの様な方々がページを見て頂いているのかアンケートを取らせて頂いており、今後の情報発信の参考にさせて頂ければと思っております。

是非、投票をお願い致しますm(_ _)m

あなたの職業を教えてください!

回答結果を見る

Loading ... Loading ...

また、記事をいいねして頂いたり、ぶっくまーくして頂くと個人的に喜びます。

Pocket

Comments