ブログを書くことでSEOスキルもアップ!

ブログ編!WEBデザイナーが覚えて損無しのSEOスキル

Pocket

こんにちは!太偲@WEB屋です。今日は、覚えて損無しSEOシリーズのブログ編です。

SEOを覚えるのに手っ取り早いのは、自身でWEBサービスを提供するサイト(EC等も含め)を作ったり、ブログやアフィリエイトをはじめてみる事が良いと、僕は思っています。

その中でも今回は、ブログを書くことでSEOのこんな事を学びやすくなる。という部分について、説明したいと思います。

ブログを書くことで上がるSEO対策のスキルは?

いきなりブログ書けって言われても、そんな簡単に始めようと思いませんよね?(笑)

多分、WEBデザイナーやWEB担当者の方であれば、一度はブログをやった事がある方や現在放置中の方が多いのではないでしょうか?

この様な方々へ、今回の記事を通じてブログを書くことが目的ではなく、スキルを上げる事が目的として始める、もしくは再開するきっかけになったらなと思います。

あ、先に一つお伝えしておきますが、僕はブロガーには程遠い存在なのでブログの書き方や方法みたいな部分には触れません。あくまでSEO絡みの部分のみに、絞らせて頂きますので悪しからずm(._.)m

では、本題にもどりますが、ブログを書く事で上がるSEOスキルってなんでしょう?

以下のような物があります。

  • titleやdecriptionの付け方
  • キーワードの選び方
  • 効果測定(アクセス解析・順位チェック)

大きく3つを挙げました。

では、それぞれどんな事からそのスキルが上がるのか?を解説して行きます!

titleやdecriptionの付け方が上手になる!

キャッチコピーにも似たような部分ですが、ブログを書くときに記事タイトルに当たる部分は、ほとんどのブログサービスにおいてmetaタグのtitleに値します。

記事タイトルは、どんな役割を持っているか?という部分が重要です。

記事タイトルは、検索結果に表示されるときのタイトルとなります。(たまに書き換えられる事もありますが・・・)

そして、ソーシャルであなたの記事がシェアされる時にも使われます。そんな時に、このタイトルで見たくなるだろうか?伝わるだろうか?という点を考えて書くようになると、SEO対策のtitleを付けるスキルが上がってくる事でしょう。

descriptionに関しては、ブログサービスによっては指定できないところもあるかと思います。

通常の場合ですと、記事本文の抜粋が表示される事が多いですね。またはキーワードによっては本文のどこかがハイライトされて表示されたりします。

WordPress等のCMSを使って運営している場合は、titleタグと同じ様な感覚で、シンプルで伝わりやすい内容にてまとめると良いと思います。

僕のこのブログの場合ですが、一応ニュースや速報っぽい感じで書くときはdescriptionはAll in One SEO任せ(抜粋)にしています。

そして、キーワードを狙った記事を書くときには、descriptionを1記事ずつ入れています。

head内のタグについては、こちらの記事で解説しています!

head編!WEBデザイナーが覚えて損無しのSEOタグ

対策キーワードの選び方・選定方法が身につく!

続いて身につくSEOは、キーワードの選び方、選定方法です!

こちらに関して、前述のタイトルタグやディスクリプションの付け方にも関連します。

ブログを書いたはいいけど、アクセスこねぇー!となった時、そもそも自分の書いたブログが、検索結果にどんなキーワードで表示されてるのか知る必要があります。

次の項目でもお話ししますが、記事の内容はどんなキーワードで検索結果に出ていて、どんなキーワードで検索する人に見てもらいたいのか?を少し意識するだけで変わると思います。

そこからは文章にキーワード要素を上手く盛り込む精度を高めて、慣れてきたら狙ったキーワードの記事を書いてみて・・・と繰り返しですね!

こんな流れの中で、SEO対策のキーワード選定方法や、そのキーワードに合った人を呼び込めるライティングスキルが培われて行きます。

キーワードの選定方法については、以下で解説しています!

SEO基本編!キーワード選定時どんな事を考慮すべきか?

効果測定が楽しくなってアクセス解析や順位チェックも自然に覚える

3つ目、効果測定が自然に身につくと、アクセス解析や順位チェックも当たり前になります。

スキルアップをする為に、ブログを続ける必要がありますが、前述の2項目が出来てくるとアクセス数は、ブログサービスに付いている画面位では見るようになりますよね。

見るようになるというよりは、気になるので見ちゃいますね。さらにもっと詳しくみたくなって、Google Analyticsなんかも使うようになるでしょう。

使いこなせるまでやらなくても、アクセス解析を当たり前のように見る癖がつく事は、とても良い事です。サイト制作においては、どうやったらこの改善効果が計れるのか?という分析などにも役立つスキルになります。

そして順位チェックについては、狙ったキーワードの記事を投稿するようになったり、今どんなキーワードで表示されているのかSearch Consoleで確認するようになると、自然にチェックする様になると思います。

自分の書いた記事が、狙った通りのキーワードで上位に表示されて、さらにそのキーワードの流入もしっかりあったら嬉しいですよね!

SEOの順位チェック神ツールGRCについて以下で解説しています!

SEOの順位は見てるだけ?検索順位チェックツールGRCは見どころいっぱい

それでもブログはやりたくない!方へ

ブログを楽しむのではなく、サイトを作ることや記事内に入れる画像制作、参考にしたサイトのメモ書き程度にはじめてみては?

ちなみに、実際にWEBデザイナーでブログなどほとんどやっていなかった方、もしくはやった事があるけど続けた事は無い方へ、各自サイト制作をして、アフィリエイトもやってみよう!と実施してみました。

どんなサイトを作るか?等は、普段の制作の流れで難なく進みました。デザインやコーディング、WordPressなんかも全く問題ありません。

ただ、ほとんどの方が壁に当たったのが、どうやったらアクセスを増やせるのか?順位を上げられるのか?という部分でした。

タイトルを入れ直してみたり、ページを増やしてみたりしながら、少しずつアクセスが来る様になると、アフィリエイト収益も少しは上がる様になりました。

もちろんアクセス解析や、順位チェック、収益の確認なんかも、毎日?毎時?見る様になっていました。

こんな感じで、SEOのスキルや解析のスキルも知らないうちに身について行きますよね!しかも実践でやっているので、本を読んだだけとか、人から聞いた、ネットで見たというのとは違い、自ら体感する事ができます。

ここまでで、少しはやってみようと思いませんか?

作るだけじゃなく、アクセス解析も見ろ!

「デザインやサイト制作のみに従事している方が、どうしてアクセス解析やSEOの基本程度も考えないのか?」

こう思って愚痴をこぼすWEB担当者の方居ますよね?もしくは言われた事のある方いるんじゃないでしょうか?

WEBデザイナーがSEOを覚えるきっかけベスト3

WEB制作をしているだけの方は、作る事が成果だと思いがちなんです。

ましてアルバイトやWEBスタッフとして働いているなら、それなりにリテラシーや向上意欲が高くないと、効果測定やSEO(キーワード選定や基本対策)について考えられる人は少ないかもしれません。

それでも、自分のサイトを持っていたら、ただ仕事をこなすのとは違う視点でWEBサイトを見る事ができるのかな?と僕は思います。

ブログを書くことで自然と身につくSEOスキルのまとめ

僕もちょくちょくブログ(コレ)を書いたりしています。

僕の場合、SEOの記事に関しては伝える対象の方を主に「WEBデザイナー・コーダー・プログラマー」の方とし、その方々へSEOをわかりやすく嫌な気分にさせず(笑)に覚えて行って欲しいという気持ちで書いています。

そして、未だに後から記事を見直してキーワードのチェックだったり、言い回しなどを修正したりもしています。

ブログを書くこと、文章を上手く作る事のスキルはやっぱり書き続けないと上がって行かない物だと思いますし、センスもあると思います。

でも、実践しながら知らずに感覚が身につくのって本当に良いことですよね!

今回の記事を見て頂いた方が、今までやってたブログのやり方を変えてみたり、またはこれから始めてみたりと参考にして頂ければ幸いです!

他にも僕のサイトでは、SEO基本編に関する記事を書いています。良かったらご覧下さい。

ブログ記事を書くにあたって参考になった本

今回の記事を書くきっかけにもなったのですが、ネタフルのコグレマサトさんと和洋風KAIのするぷさんが書いている以下の本が、とても参考になりました。

必ず結果が出るブログ運営テクニック100 プロ・ブロガーが教える“俺メディア”の極意

ちょっと古めの本なんですけどw

この本の中では、SEOについて多く触れられたりはしていませんが、ソーシャルの使い方やブログを書く上でどんな事が必要なのか?という事等が、そうだよなぁ~SEOからして考えてみてもこれって効果あることだしなぁ!と久しぶりに最後まで楽しく読み切れた感じです!

最後まで読んで頂きありがとうございます!

当サイトでは、どの様な方々がページを見て頂いているのかアンケートを取らせて頂いており、今後の情報発信の参考にさせて頂ければと思っております。

是非、投票をお願い致しますm(_ _)m

あなたの職業を教えてください!

回答結果を見る

Loading ... Loading ...

また、記事をいいねして頂いたり、ぶっくまーくして頂くと個人的に喜びます。

Pocket

Comments