SEO スパム要因を考える

Pocket

今回のエントリーは「SEOスパム要因」についてです。大体の事は、基本的な事なので理解している人もたくさんいると思います。

しかし、やったほうが良い事も裏を返すと危険な要因になり得るんです。

SEOをやり始める時に、これはやったほうが良い事だって言うのはある程度WEBを知っている人なら常識範囲だと思います。

しかし、やっちゃいけない事を知らない人は結構多いと思います。それは、やっても良い事をやりすぎたり、特に気にしていない部分にひそんでいる要因があるからです。

タイトルキーワード

【titleタグで、やっちゃいけない事】

  • 1.無理やり詰め込んだキーワードの羅列
  • 2.ページと関係の無いタイトル
  • 3.まったく同じタイトルのページが同サイトに複数ある

よくSEO業者へSEOの依頼を申し込んで来るクライアントは、タイトルタグから改善しなければならないケースがほとんどです。タイトルについては、Googleが重要視する部分でもあり、タイトルに無いキーワードでの上位表示はほぼ無理です。

1.無理やり詰め込んだキーワードをタイトルにもってきているサイトが、昔はたくさんありましたが現在は、かなり少なくなってきています。

2.ページと関係の無いタイトルは、普通の人ならあまり付ける事は無いでしょう。

3.同じタイトルページについては、コピーしてテンプレの様に使い回しているサイトに良く目撃されます。ユーザーが検索結果からそのページへ訪問した際に、はずれを見つけた気分になってしまいますしね。

海外SEOブログにて、以前の記事にありましたが、Googleはタイトルにすごく敏感なんです。
SEO狙いでタイトルタグを変えるとどうなる?

フレーム構造

【iframeなどのフレームを使って構築する際のやっちゃいけない事】

  • 1.小さいboxにしない
  • 2.フレームが無いところにnoframeタグを入れない
  • 3.サイト全体のフレーム構造

1.小さいボックスにしてはいけないというのは、普通に使う側からしても悪い構造ですしスパム要因の一つとしても挙げられる構造です。これは、iframeに限らずスクロールボックス全てに言える事ですね。

2.昔はテーブル構造と同じようにサイト全体をフレームで構築している物も少なくなかったのですが、Google判定ではiframe等で囲ったコンテンツを独立ページとして判定する挙動が見られます。このフレーム内に表示したコンテンツへはPagerankは渡されます。

3.フレームが無いページやその部分にnoframeタグを入れると、スパム判定になると言われています。これは昔のスパマーがnoframeの中にリンクやキーワードを詰め込んだりして使っていたからでしょう。

画像のaltタグ

【画像配置のaltでやっちゃいけない事】

  • 1.画像にSEOキーワードを詰め込んだaltがたくさんある
  • 2.1px角の画像
  • 3.z-index -9999px

1.画像にSEOキーワードを入れまくるとスパム要因となり得ます。これは有名な話ですね。関係無い画像に関係ないaltを入れる事も同様です。

2.1pxの画像についてですが、これはASP(アフィリエイトサービスプロバイダ)がトラッキングの集計の為にコードに仕込んでる事があるのですが、スパム判定になり得る要因の一つと言われています。アフィリエイトの貼りすぎに注意。

3.スタイルシート等でのz-index -9999pxは、画像を隠しているとみなされる可能性があります。画像だけでは無くテキストだとしても隠しテキストとしてペナルティ要因になり得るかもしれません。ロボットはCSSも読んで行きます。隠し事は良くないのです(笑)

被リンクの増やし方

被リンクを増やす際には、特に気を使わなければいけません。

  • 1.無関係のジャンルからばかりのリンク
  • 2.一度に増やしすぎ
  • 3.IP分散

1.無関係のジャンルからばかりリンクをもらっても、SEO的な効果も薄いです。しかし、もしもあなたのサイトがニュース系サイトだったりした場合は、アクセス数に応じてそれなりに多様なジャンルからのリンクが増えるでしょうね。これに関しては、それだけクローラーも回っているでしょうから、価値はある事だと思います。

2.一度に増やしすぎると不自然極まりないので、不審なサイトだと思われます。自然な速度とそのサイトに見合った自然な数をコツコツと増やして行くのが一番です。ある一定の数字を目標にして過度なSEOは控えましょう。

3.同じサーバー内からのリンクを集めても、自演にしか過ぎません。やりすぎるとスパム要因までは行かなくとも、単なる無駄骨となります。IP分散をちゃんと考えましょう。

キーワード

キーワードの入れ具合にも注意しましょう。

  • 1.h(見出し)の使い方
  • 2.ページ内のキーワード率
  • 3.言い回し

1.見出しタグ(h1,h2,h3)を使う際は、順序をばらばらにしまくったりしないように気をつけましょう。(※特にh1)h1タグには、キーワードを自然に入れてあげるのが通常のやり方です。最近はh1以外の見出しへのキーワード無理付けは、結構危険を伴うという見解も多いです。

2.ページ内部のキーワード率が異常になるとスパム要因の一つになり得ます。通常の業者であれば2~3パーセント以下に抑えているでしょうね。

3.言い回しに関しては、スパム要因では無く「検索エンジンは言い回しが好き説」です。例えば「WEBサイト」は「ホームページ」「HP」などと同様の意味を持っている訳です。なので、ページ内のキーワードにはこういった言い回し表現を持ってくる事は内部SEO的に良いといわれています。

ここまで記載した内容以外にも、スパム要因として考えればきりがない程の情報がネットでもたくさんありますね。

スパム判定されたら?

最後にスパムサイトとされて、インデックス削除などされてしまった場合についてです。

おとなしくそのサイトのドメインをリダイレクトして別ドメインへ改良したサイトを設置した方が良いでしょう。そして、そのサイトへ自分の別サイトからリンクを流しているなら、一度導線をはずした方が良いかもしれないですね。

再度サイトを構築し直して、サイトマップ送信やクローラーの呼び込みが済んだら、全てのページがindex(yahoo,google共に)されるまでは、おとなしくしていた方が賢明だと思います。

正統派なSEOをしている方は、ヤフーTDPは別として、Googleにスパム扱いされる事はまず無いと思いますが、やっちゃいけない事の基本は、しっかりと覚えておいたほうが良いですね!

でも、SEOは日々のアルゴリズムの変動によって変化が付きまとっているので、一概にこれが正しいという事は言えません。この記事についてもあくまで、僕の個人的な見解です。

Pocket

Comments